障がい者グループホームでは「割れない」が条件。しかしプラスチックはどうなの?

運営責任者の三宅です。

 

本記事を書いているのが8月20日ですので、あと10日ぐらいで開所です。

 

必要な備品がぞくぞくと生駒市喜里が丘のグループホームに

運び込まれております。

 

今回のエントリーでは、当グループホームの健康へのこだわりを

知ってもらおうと考えております。

 

 

プラスチック製食器 VS 木製食器

 

障がい者グループホームの備品の多くは

安全性の観点から「割れない」ことが重要視されています。

 

ですので、食器においてもプラスチック製や

金属製が推奨されていたりします。

 

 

確かに割れないので物理的安全性は確保されていると言えます。

しかし、プラスチック製の食器には問題点もあるのです。

 

それは、「健康に対する安全性」です。

 

ホルモンバランスを乱したり、

ガンを誘発する物質が溶け出したりする可能性が高い

と指摘されています。

(特に温かいものは危険)

 

 

これはサランラップなども一緒で、

肉などの油分の多い食材にかけた場合、10分程度で化学物質が溶け出し

更にレンジでチンするともっと多く出てしまうそうです。

 

(当グループホームでは電子レンジを導入したくありませんでしたが、

必要備品として求められる傾向があるため、導入はしています。

その代わり、サランラップは無添加のものを用意しています。)

 

 

いくら割れないからと言って

健康の安全性を捨てるプラスチック製食器を導入するのは

やはり抵抗があります。

 

物理的、健康的安全性の両方を満たす食器はないのでしょうか・・・?

 

 

 

あるんです^^

それが木の食器です。

 

 

こちらが当グループホームが導入した木の食器です。

(一緒に写っているのは、有機みりんと無添加塩です)

 

 

木の食器であれば叩きつけたりしない限り割れませんし、

化学物質などが溶け出てくる心配もありません。

 

見た目もオシャレですし、食事も楽しんで貰えると思っています(^^)

 

その他、調味料も健康的なものを用意しています。

 

皇帝塩は非常に美味しいお塩です。

これで魚を焼くとめちゃくちゃ美味しいのです♪

 

 

以上、当グループホームのこだわりでした\(^o^)/

 

 

体験入居、ご相談、ご質問、

何でもお気軽にお問い合わせください。

国家資格を持った担当者が丁寧に対応致します。

 

→ お問い合わせはこちらをクリック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください